夏目録

小説と紙とインクが好きな物書き。自転車は長距離派。

法律関係の試験について

張り合いとしての試験

のたっと勉強していてもいいのだけど、定期的に受けたくなるんですよね。

試験。

張り合いが必要ってやつだろうか。

受ける受けないは別として、ちょっと調べてみた

合格点とか基準点とか目標点とか

行政書士

択一 40問×4点(160点)

多肢  3問×8点(24点) 

記述  3問×20点(60点)

一般 14問×4点(56点)

計      300点。

 

基準点

法令 122点以上

一般  24点以上

合計 180点以上

 

★目標値:7割 

択一 28問(112点)

多肢  2問(18点)

記述  2問(40点)

        法令合計   170点

一般 10問(40点)

        合計      210点

 

【司法試験】

得点計算方法短答得点 + 論文式試験の素点×1.75

★目標値1000点

 

短答式

憲法 20問(50点)

民法 36問(75点)

刑法 20問(50点)

合計     175点 

 

★目標値7割5分

憲法 約15問(38点)

民法 約27問(56点)

刑法 約15問(38点)

計       132点

  

論文試験

8科目800点満点。

 

★目標値500点

★一科目62点

 

司法書士

基準点と満点

午前 35問×3点 105点満点 基準75点(71%)

午後 35問×3点 105点満点 基準72点(68%)

記述        70点満点 基準30.5点(最低基準43%)

合計        280点満点 基準200.5点(71%)

 

午前 28問84点

午後 28問84点

記述 ここは7割で50点

合計    218点