夏目録−只今勉強中

小説と紙とインクが好きな物書き。只今あれこれ勉強中につき。

何点取ればいいんだろう……

試験には合格点っていうものがありますよね。

試験を受けるからには調べてみないと。

 

何点を目標に頑張れば良いのかがわからないと、ゴールを知らぬままにもがくことになりそうです。

あきらめをつけるときにも、実力と合格点との差の認識は必要な気がする。

 

 

ってことで調べてみたよ!

 

合格点とか基準点とか目標点とか

 

 

行政書士

 

択一 40問×4点(160点)

多肢  3問×8点(24点) 

記述  3問×20点(60点)

一般 14問×4点(56点)

計      300点。

 

基準点は

法令 122点以上

一般  24点以上

合計 180点以上

 

6割取れれば合格か……それでは目標値は8割に設定して、本番では7割程度というのが理想かな。

 

 

択一 32問(128点)

多肢  2問(18点)

記述  2問(40点)

法令合計   186点

 

一般 11問(44点)

合計     230点

 

 

 

司法試験

 

 

これは……計算が難しいぞ(笑)

 

 

短答式試験はこんな感じの構成です。

 

憲法 20問(50点)

民法 36問(75点)

刑法 20問(50点)

合計     175点

 

基準点は推移がありますが、120点をとっていればほぼ大丈夫っぽい。

とはいえヒヤヒヤするのは嫌なので、7割5分をとってほっとしておきたいところ。132点。

これをとる為には普段は8割を目指したい。

問題ごとに点数が違っていたりするので、正答目標数はアバウトですが

 

憲法 約16問(40点)

民法 約27問(60点)

刑法 約16問(40点)

計       140点

 

ううむ。

 

 

司法試験には論文試験があります。8科目で800点満点。

これを1400点になるように1.75倍いたします。

 

なので、

 

短答得点 + 論文式試験の素点×1.75 

 

 

これが770から880点という基準をクリアしていると合格です。毎年点数はちがっており、結構幅もあるのでドキドキです。合格率で変動……三桁だとひやしやしますので出来れば四桁点数をとりたいものです。

 

短答の得点が135点だとすると、1000点にはあと865点足りません。素点にひき直すと494点。わかりやすく500点を目指します。

 

一科目ごとだと62点くらい。

 

論文式の62点は結構なハードルです。頑張ろう。目指せ6割アベレージ。

 

 

司法書士

 

 

最後は司法書士試験

 

ぶっちゃけ一番基準が厳しいのはこの試験です。

 

基準点と満点はこんな感じ

 

午前 35問×3点 105点満点 基準75点(71%)

午後 35問×3点 105点満点 基準72点(68%)

記述        70点満点 基準30.5点(最低基準43%)

合計        280点満点 基準200.5点(71%)

 

これはもう8割を目指すしか無い。

 

午前 27問81点

午後 27問81点

記述 ここは7割で50点

合計    212点 

 

それでもギリギリ感ある……記述8割なら56点なので218点。ま、まあ安心、かな。

 

つか、合格点7割はきついっす。

司法書士試験難しいね。

 

 

 

 

 

なにはともあれ目標点もきまりました。

 

 

あとはカレンダーにやることを落とし込みます。

 

 

 

予定を立てよう

 

まずはざっくりと決めていきます。

記憶力が無いことには自信があり、理解力が乏しいことにも自信がある。つまりあんまり勉強できないので脳筋族らしく回数をこなしながら身につけていきたいと思います。

 

短答過去問は5回(択一六法も5回)

論文や記述式過去問は2回(2回目は構成だけでも良いかも)

テキストや基本書、判例集は2回(1回は通読、2回目は使用に応じて)は読みたいところです。

年内を目標にノルマを決めて、状況に応じて1月くらいまでを視野にやらねばならぬことをこなしましょう。

 

 

 

7月8月

 行政書士 短答 10年分1回目

 司法試験 短答 10年分1回目

 司法書士 短答 両登記法10年分1回目

 司法試験論文 H18〜23 1回目

 基本書読み

 百選読み

 

9月10月

 上記2回目

 司法書士 記述式10年分1回目

 司法試験論文 H24〜29 1回目

 基本書読み

 百選読み

 

11月12月

 上記3回目(行政書士除)

 司法書士 記述式10年分2回目

 司法試験論文 全問構成(2回目)

 間違えたところを重点的に復習

 

年内まではこんな感じにしたい。

ノルマをこなしたあとは違う問題集に手を出しても良いことにして、基本はノルマ重視。

 

1月2月

 上記4回目(行政書士除)

 間違えたところ等を重点的に復習。模試等の見直し。

 演習の足りない分野を埋める

 

3月

 上記5回目(間違えたところは少しになっているはず!)

 間違えたところを復習。

 不足部分を埋める。直前一ヶ月にやるものをはっきりさせる。

 

直前期

 今までやって来たことを総復習。

 

 

 

 

 

 

一日のノルマ

一日に取れる時間は朝の2時間、通勤と休憩の合計2時間、夜の1時間だとして。平日は最大5時間。 

休日は10時間を目標に頑張りましょう。

日曜日は予備日または休日にします。

 

短答は基本的に朝。インプットは昼と夜。問題ノルマは50問(司法試験30、書士10問ずつ)判例は10、基本書は50ページ。どれもじっくりはやれませんので一回目はとりあえず完走だけを目指します。ざっと一周が目標です。

 

やってみて、きつかったらまた調整かな。

 

 

まずはやってみないことには始まらないよねってことで。