夏目録−只今勉強中

小説と紙とインクが好きな物書き。只今あれこれ勉強中につき。

ノート 2017夏 修正

いろいろと使ってみました。

 

使ってみた結果としてわかったことも出てくるよねってことで、修正!

 

手帳

これね。

毎年毎年悩んでは、あれこれ使って悩むを繰り返す手帳ジプシーな夏目です。

びっしり書かれた手帳とかに憧れたりもするけれど、そんなに書くことも無くて白紙の部分にちょっとしたプレッシャーを感じてしまったりする……夏目です。ども。

 

結局ね、時間をやりくりするのに記録を取るという動作が苦手なようでした。

ほぼにちダメ

バーチカルダメ

ウィークリーリフトダメ

なんだか白紙が多すぎる。それでいてメモは別に持つ。だって書くには一日に何ページも書く割りに、書かない日は一文字も書かないんだよ!って誰にってわけでもなく良いわけをしてみたり。

 

結論として

 

マンスリー部分しか必要ない

 

と言うのがわかりました。

 

使ってみた結論としてはA5サイズとポケットサイズが使いやすい。

そしてカレンダー部分はカレンダーだけで、それ以外の部分はメモだけで良い。けれどメモの分量は追加したい。

 

 

で。

 

システム手帳

 

マンスリー手帳にノートを追加

 

の2つに絞られました。

 

あとはもう好みだと思うのですが……大きいサイズでアレコレ書くならば無印のフリーマンスリーにA5ノートを追加する、小さいサイズならばシステム手帳(ミニ6穴)にマンスリーリフィルを入れて、あとは全部メモにするのどちらかかな。

 

私は外をうろつくことが多いので、荷物はなるべく小さくしたい。

結局、システム手帳に戻ってきました。

使っているのはダヴィンチのジャストサイズの革のやつ。

 

アレコレ書きつけても、あとで順序を入れ替えられる。

何しろ、気に入らないページを無かったことに出来る。

 

ノートを一冊使い切るのに、気に入らないページがあると挫折してしまう私にはリフィルタイプはぴったりのよう。

 

 

リフィルタイプがぴったりのよう。

 

 

そう、次のノートでもこの精神が働きました。

 

 

ノート

 

前回、アレコレ用途を考えたのですがね。

私変なところで几帳面と言うか、こだわりが強いと言うか……きれいなノートが大好きなんです。

完成された形って言うのかな。

 

となると、アレコレごっちゃになったノートに満足がいかなくなる。それでもノートを使って来たのですけど。

 

あれ、もしかして。

 

もしかしたら、

 

そう、

 

私、ルーズリーフ派なのか?

 

新発見です。

 

ルーズリーフは無くすおそれがある。

ごちゃごちゃになりやすい。

 

なんて言われて

 

果ては、頭のいいヤツはノート使ってるなんていう学生時代のわけのわからん刷り込みで何となくノートを使ってましたが。ルーズリーフ、便利じゃん。

 

とりあえず暫くはルーズリーフ生活をしてみようと思います。

無くさないよ!大人だもん。

 

 

どえらいノート類

大学ノートは良いんです。

バラして穴をあけても良いし、何かにつけて使うこともあるだろう。

でも、ちょっとお高いあのノート類。どうしよう。

プロットに使おうかとも思っていたのですが、結局プロットだって同じくルーズリーフとか紙に穴をあけた方が便利そう。

だとしたらあの伝説のノートは何に使えば良いんだろう。

そんな感じだったのですが。

 

私、小説以外では音楽と自転車をやってます。

うん。これだ。

 

音楽はイベント等のセットリストや配置等を考えることも多く、搬入搬出のアレコレや、楽器修繕の為の費用等、とりあえず記録しておきたいものがたくさんある。

ちょっと大きめで外で使えて長期保存できてって言うのにはあの伝説のノートのデカいのを使おう。

 

自転車は修理方法やタイム等を記録しておきたい。

それなりにタフで、でも紙面はそんなに必要ない。

こっちは小さい方の伝説のノートにお願いしよう。

 

 

そんな感じでちょっと修正して突き進みます。

 

一ヶ月経ったら、書いたものをお見せしたいな……